医学部合格ノススメ!

クソブログです

数学の勉強計画

 

 

こんにちは(´ω`)

 

数学の現時点での計画をぼちぼち立てていきましょうか。この計画を完遂したら、全国の入試問題を解く予定です。

このブログでは数学を3つの観点から見て、計画を立てていきます。

 
・解法のインプット&アウトプット
・思考力の養成
・計算力

 

 

・解法のインプット&アウトプット

 

受験数学において、この数学勉強法の第一人者たる和田秀樹さんの「数学は暗記だ!」という本が有名です。私はこの勉強法に沿って勉強しています。
和田秀樹さんの言葉を纏めると「原則、入試問題は様々なパターンの解法の組み合わせでしかない。だから、どの解法を用いるかさえわかれば、どんな問題もパターンで解けてしまう。」となります。

 

今回解法のパターンを習得するのに使用する教材は

 ・チャート式 解法と演習 数学Ⅰ+A
・チャート式 解法と演習 数学Ⅱ+B
・チャート式 解法と演習 数学Ⅲ
大学への数学 一対一対応の数学Ⅲ

の4冊です。

所謂、黄チャートと言われるものです(´ω`)青じゃ無くていいの?と思う方いると思いますが、黄チャートと青チャートの中身はぶっちゃけそんなには変わりません。勿論、青チャートに越したことはないですが、必要とあらば標準問題精講シリーズで補強すればええやぁって思ったので。アドバイスとして受けたのが「そんなにやれるのか?」とのご意見です。この黄チャートは現役時代にかなりやりこみましたし、センターもほぼ満点取れるのでさらっと復習って感じで済まそうと思っているので問題ないはずです。

いつもの通り、リンクを貼っておきますね

 

チャート式解法と演習数学2+B

チャート式解法と演習数学2+B

 
新課程チャート式解法と演習数学1+A

新課程チャート式解法と演習数学1+A

 
チャート式解法と演習数学3―新課程

チャート式解法と演習数学3―新課程

 

 

 

1対1対応の演習/数学3 微積分編 (大学への数学 1対1シリーズ)

1対1対応の演習/数学3 微積分編 (大学への数学 1対1シリーズ)

 

 

 

 

 

・思考力の養成

 

一通りの解法を学んだ後は入試の数学に対応できるような思考力の養成を目指します(´ω`)

使用する教材は

・理系数学のプラチカ
・やさしい理系数学

の2冊です。

定番の思考力養成系の参考書ですね。

 

理系数学の良問プラチカ 数学1・A・2・B (河合塾シリーズ 入試精選問題集 5)

理系数学の良問プラチカ 数学1・A・2・B (河合塾シリーズ 入試精選問題集 5)

 
やさしい理系数学 三訂版 (河合塾シリーズ)

やさしい理系数学 三訂版 (河合塾シリーズ)

 

 

 

 

 

・計算力

 

いくら解法がわかっても、計算が間に合わなかったり、基本的な計算が出来ないと入試では戦えません(´ω`)

使用するのは

・合格る計算ⅠAⅡB
・合格る計算Ⅲ

の2冊です。
大定番、合格る計算シリーズですね。

 

 

合格る計算 数学I・A・II・B (シグマベスト)

合格る計算 数学I・A・II・B (シグマベスト)

 
合格る計算 数学III (シグマベスト)

合格る計算 数学III (シグマベスト)

 

 

 

 

 

・まとめ

数学の勉強においては少ない冊数を何回も繰り返すことが大切です。特に解法のインプットはとても時間がかかるので気をつけて工夫しつつ進めなければいけなさそうですね(´ω`)

 

この計画を参考になさる方へ
この計画はあくまでも、現時点での計画であり合格を保証するものでも、合格を達成したものでもありませんので参考にされる方はご自分で考えて変えるべきところは変えることをオススメします。

 

アドバイス、ご指摘、激励等ありましたらコメントよろしくお願いします(´ω`)